読書狂時代

本について、読書について

夏の読書を考える

 

実は・・夏は本が売れない(らしい)

 

暑いと、読書なんてしてられるか!!

 

外出て、バーベキューだ!!

 

やっぱり、海しょ!!

 

山で涼みたい!!

 

そんなのが増えるのでしょう

 

そのためなのか・・

夏になると

夏100冊みたいなのが

色々な出版社から、出される・・

 

私にとって、夏は・・

本を読む時期だと勝手に思っていた

 

なぜなら・・夏休みで時間ができるから

 

だが・・夏の100冊みたいのは

本が売れない、夏にどうにか

本を売りたい、出版社の狙いだったとは・・

 

私は、まんまと出版社の

ワナにハマってしまっていたわけですね

 

学生のみなさんに言いたい

 

夏休みの間に

ぜひ、本を読んでおいてほしい

 

どんな本がいいの?と思ったあなた

私のブログで紹介された本がいいと思います

(ただの宣伝じゃねーかよ)

 

本というのは、迷うんですよ

それでハズレを引きたくない

 

なら・・いっそう

本なんて、読まない

 

その流れがあるように思えて仕方がない

 

自分にピッタリの本

それがどれかわからない・・

 

わからない人は、ひとまず本屋に

いくことを勧めるが

 

それすら、面倒だったり

本屋が近くになかったり・・

 

そんな時代になってしまった

 

それゆえに・・本が読まれない

 

ク・・くそ!!!!!!!!

 

どの本がいいなんてのは

自分で探すしかないんだよね

 

人によっては、人生を変える一冊も

人によっては・・まったく響かない

 

本というのは、相性がある

 

だから、難しい

 

だから、アンテナを張って

自分に合うのはなにか・・・

 

思い切って買った本が・・

対しておもしろくなかったり

 

そうなると、余計に

本から遠ざかってしまう

 

そんな経験がある人が多いのであろう

 

でも、それに負けず

 

なんども手に取ってほしい

 

そのうち、手にとると

表紙をみると

 

ピンっとくる本がわかってくる

 

これは・・おもしろいだろうな

そして、それが当たる

 

こればかりは、経験を積んでいくしかない

 

何かを参考にするのもいいが

 

自分で、そういった体験を積んでいく

それしか自分に合う本に出会う方法はない

 

 

 

大竹まこと ゴールデンラジに吉田照美登場

 

今回もラジオについて

 

大竹まことのゴールデンラジオ

 

主である大竹まことが体調不良のため

お休みしている

 

そのため日替わりで

ゲストを迎えて、お送りしている

ある意味レア

 

そのなか・・

吉田照美が7月31日に登場した

 

それが??と思われた人もいるかもしれないが

 

知っている人は、知っている

 

吉田照美は、昔

大竹まことのゴールデンラジオが

開始される前

やる気マンマンとい番組を放送していた

 

それも20年も・・

 

本来なら、吉田照美

放送時間帯とも言える

 

その吉田照美がお昼の時間に

帰ってきた!!

 

ということで、一部の人は

熱狂したわけだ

 

吉田照美も結構なお年

 

昔のようなハードコアな感じには

いかないが・・

 

いまは、いまで味のある

コメントをする

 

文化放送は、吉田照美から

帯番組を取り上げた

 

仕方のない面もあるのは

わからないでもないが

 

やはり・・吉田照美

帯をやらしてこと本来の力が

発揮できるのではないと思っている

 

このまま、大竹まこと

復活することがないのであれば・・

 

吉田照美のOOという

ラジオ番組をやらせるのがいいと思うのだが・・

 

大竹さん

元気ですか?

 

 

親父・熱愛(パッション)

 

10代のころは、ニッポン放送

 

20代半ばからは、TBSラジオ

 

最近は、文化放送を聞くことが多い

 

その中で、毎週聞いているのが

親父・熱愛(パッション)

 

土曜日の15時から

文化放送で放送されている

 

読みはオヤジ・パッションである

聴いている人は、漢字表記されると

ピンとこないかもしれない

 

伊東四朗吉田照美

それと文化放送のアナウンサー

(いまは、水谷加奈)の三人で

番組は放送されている

 

 

このラジオは、聴き始めて・・

まだ、1年強

 

去年からである

 

番組自体は、20年続いている

長寿番組である

 

本も2冊発行されている

2000年前後に出版されたもの

 

図書館で借りて読んだ

番組のプログラムが文字になっており

ファンなら・・

 

楽しめる一冊になっている

 

ネットでも買えるので

興味がある人は、ぜひ

 

番組が始まると

まずは、その週にあった

ニュースや出来事について

 

その後、吉田照美

教授になり、色々と

ご教授していただくコーナーになるのだが

たいてい、そのとき伊東四朗

吉田照美のことを

バカにしたりして、笑いをとる

 

16時からは、毎回

テーマ決めて三人で話しをする

 

よくやるのが山手線

 

山手線の駅にまつわることを

三人で話す

 

番組が始まったころから、山手線に

ついて話すことは、続いている

 

最近は、リスナーから

スゴイ落ちのある話を提供してもらい

情報提供してもらった本人に電話をし

落ちを聞くというのが人気である

 

伊東四朗がハガキやファックスを

読むとき・・

 

トチるときがある・・

 

書いている人が悪いように聞こえるが伊東本人が・・ボケているように思えてしかたない

 

この番組もあと何年続くかな・・

 

伊東四朗が死ぬまでやるつもりらしいが・・

 

 

 

 

 

添乗員漂流記  岡崎大五

一人や家族だけの旅行もいいが

添乗員付きのパック旅行

 

そっちのほうが海外に行く日本人には

馴染深いのかもしれない

 

そんな添乗員の仕事についての

エッセーを綴っている

作家の岡崎大五

 

添乗員シリーズの本を何冊も出版している

 

今回紹介する

 

添乗員漂流記

 

この本には、添乗員という仕事の

大変さがひしひしと伝わってくる

 

笑える系のネタから

日本人ならでは系のネタ

 

困った旅行客

現地で起きた事件

調子に乗る海外慣れした人たち

 

 

海外に行く日本人は、もしかしたら

多少、特殊な人種なのかもしれない

 

 

香港

 

チュニジア

 

ポルトガル

 

スリランカ

 

この四か国を

添乗員で連れ添ったことについて書かれている

 

なかなかどれも貴重な体験

 

旅ものの本は、大量に読んできたが

添乗員ならではの体験は

貴重です

 

 

 

吉野家  山中伊知郎

チェーン店で一番好きなお店は?

と聞かれたら、びっくりドンキーと答える

 

では、一番おいしいと思うのは?

と聞かれたら、吉野家

答えるだろう

 

私の牛丼の歴史について書きたい

 

私は、小学6年生のときに初めて

吉野家を食べて以来、牛丼は完全に

吉野家派である

 

その後、入学した高校の近くに

すき家があった

年に数度、そこで食べるのが

楽しみだった

 

当時は、まだ吉野家が業界トップ

すき家は、第3位の存在だった

 

すき家には、すき家の味があり

それは、それでアリだと思ったが

やはり・・吉野家には勝てない

 

松家に初めて入ったのは

牛丼 280円という幟を見てた

 

デフレで、外食が安くなり

牛丼もその影響を受けた

 

玉子をつけても380円

 

大盛り玉子にしても500円しない・・

 

まさに神だと思った

 

その後、

神戸らんぷ亭

牛丼太郎

どん亭

どんどん

げんき家(ここは、カレーのみだが・・)

 

牛丼屋めぐりを行った

いまだにサンボやたつ屋に

いけていないのは、牛丼好きとして

不覚をとっているが・・

 

 

ようは・・牛丼大好き男なのだ

 

 

そんな牛丼大好き男が紹介する本が

 

 

吉野家

 

タイトルまんまッス

 

 

この本は、2002年に

販売されたものだ

 

かなり古い

 

内容としては、吉野家の歴史

 築地の1号店のこと

バイトで働くとどうなるか

東京でも混んでいる店舗の紹介

 

吉野家全般について

網羅的に書かれている

 

おもしろいは、おもしろいが

いかんせん・・

 

内容が少し古い

 

古い本だから

当たり前のことなのだが・・

 

最新の吉野家について

書かれた本が読みたくなる

 

いまは、カレーや豚丼など

牛丼以外の商品も提供しているが

 

この本では、基本

牛丼一筋時代の吉野家について書かれている

 

なので、随所に牛丼一筋という

言葉出てくる

 

いまとなっては、この

牛丼一筋という言葉も・・

どこか寂しい響きになってしまった

 

未来から、もう一筋じゃないんだよ・・

というツッコミもしたくなるしね

 

 

読みやすい本なので

サラっと読めるので、吉野家好きは

目を通しておくべきだろう

 

 

 

こんな人にオススメ

 

 

吉野家大好きな人

 

 

 

 

 

この本を一言でいうならば

 

 

読まずに食えるか!!

東京伝説 冥れる街の怖い話  平山夢明

平山夢明の本で、最初の読んだのは

東京伝説の1冊目

1冊目は、角川から出版されているが

それ以降の作品は、竹書房から出ている

 

東京伝説を最初読んだとき

結構衝撃的だった

 

出版されたのは、1999年

内容は、怪談というよりは都市伝説

東京伝説というタイトルから、そっち系かな

という推測はつく

 

ハローバイバイの関が

都市伝説のストーリーテラーとして

世に出るのは、2006年

 

それを考えると

都市伝説というものにかなり

前から注目し、出版していた平山氏は

なかなか見所のある人物なのかもしれない・・

 

 

今回紹介する本

 

東京伝説 冥れる街の怖い話

 

これは、東京伝説シリーズの9冊目にあたる

 

 

内容は、グロよりの怖い話がメイン

 

怪談とは違うので、幽霊などは出てこない

 

東京という都会だから、いそうな

そして、実際にいた変な人たちについての内容

 

いきなり叫んで、自分の家に入りこんだと思ったら・・

自分の部屋で自殺されるとか・・

 

風俗で働いている女性の性病の話とか・・

 

人間同士の怖い話が中心になっている

 

だからこそ怖いんだよ

 

私は、幽霊などは見たことがない

心霊スポットにも行ったことがあるが

何もないんだよ

 

見たことある!!と言う人もいるが

見えない人からすると・・

 

怖くもなんともない・・

 

でも、この東京伝説に収録されている作品は

一歩間違えば、自分もまきこまれる可能性がある

 

幽霊やお化けといった

存在が怪しいものとは違い

 

実際にいつも接触する人間についてだから

怖いのだ

 

 

ただ・・この人の作品も

何冊も読んでいると、パターンがあるというのか

 

先が読めてしまう作品もある

 

9冊も似たような作品を作っていると

どうしても、限界にいきつくのだろう

 

そういった意味では、1冊目の衝撃を

また味わいたくて、2冊目を手にすると

 

その衝撃度合が落ちてしまっている

 

それは、仕方のなことなのかもしれないが

どこかで、また最初に読んだ

衝撃を追いかけてしまう・・

読者がいる

 

それゆえ、シリーズ化されているのだろう

 

 

 

 

この本は、こんな人にオススメ

 

 

 幽霊やおばけの怖い系に飽きた人

 

 

 

 

 

この本を一言でいうならば

 

 

 

怖いのは・・いつだって人間

 

 

女子高生誘拐飼育事件

久々に本について

 

久々でありながら、いきなりこれかよ・・

という感じもしないでもないが

 

最近読んだ本ということで・・

 

男には・・夢がある

 

子供のころは

野球選手

サッカー選手になること

 

中学生くらいだと

テレビに出るタレント

 

高校生くらいになると

どこかで、リアルな夢を描き

 

就職活動という言葉を耳すると・・

現実が断ちはかり

夢というものは、儚く消える・・

 

中年男にも夢はある

 

昇進だったり

自分の子供をいい学校に入れたり

 

今回紹介する本

 

女子高生誘拐飼育事件 松田美智子

 

ここに登場する主人公は

ある種の中年の夢である

 

女子高生ことJKを自分の手中に入れることで

中年の夢を叶えた人物ともいえる

 

こちらの本は、完全なる飼育という

映画の原作にもなっているので

どちらかというと、その映画のほうを

知っているほうが多いかもしれない

 

 

 

 

冴えない中年の主人公は、いつもランニンしている

女子高生を拉致し、自分の家に監禁

 

最初のうちは、己の思い通りにいかなかった

女子高生であったが、だんだんと

心を開き

 

あらゆる性体験を積み

己の色に徐々に染めていくという内容ではあるが・・

 

本を読んだ感想では、そこまで

卑猥な内容ではない

 

むしろ・・

純な女子高生への愛情

それを強く感じる作品になっている

 

普通なら、女子高生を蹂躙し

凌辱していくことを想像してしまうが

 

女子高生を監禁してからも

長いこと、彼女がイヤがっている限り

性行為はしない

(手や体に性器を押し付けるシーンはあるが)

 

 

そういった男の誠意を

女子高生側も受け入れ、だんだんと

2人は、不思議な同棲生活を送ることになる

 

最初こそ、外に出れないように

縄で縛り、部屋にカギをかけていたが

 

それもだんだんと解除されていく

 

その様子は、心を相手に許していくにつれ

しばりが甘くなることの

メタファーなのだろう

 

もちろん、最終的には

終りを迎えることになるのだが

 

本を読んでいると

この2人の不思議な同棲生活を

応援したくなる

 

出会いこそ不自然な形であったが

人間というは、心と心を

繋ぐことができるのだと

強く思わせてくれる作品になっている

 

 

若い女を手に入れた

男がどのように落ちていくのか

 

痴人の愛という

名作と被る部分もあり

非情に興味深い(笑)

 

中年男が女子高生を手に入れたところ

どうなっていくのか

 

そこも読み所になっている

 

この作品は、一見

性描写もあり、官能小説風であるが

どちらかというと、ドキュメンタリーに思える

 

 

 

こんな人にオススメ

 

女子高生との生活を疑似体験したい人

 

 

 

 

 

この小説を一言でいうのなら・・

 

 

 

リアルとは、妄想とは少し違う