読書狂時代

本について、読書について

作家・阿刀田 高の話しを生で聞いてきた

 

私は、色んなイベントに参加するのが好きだ

音楽ライブももちろん

最近は、トークイベントに参加することが多々ある

 

今回は、あの!

そう・・あの阿刀田 高先生の

トークライブに参加

 

いや~これだけ高名な作家の話しを

聴けるなんて、私は恵まれている

 

鎌倉にある川喜多映画記念館にて

松本清張横溝正史映画についての特集が

開催されており

 

その一環として、阿刀田先生に

松本清張についてお話ししいただくという内容

 

まず感想

 

すばらしかった!!

 

今まで参加したトークイベントの中でも

トップレベ

 

話すのがうまい

作家ってのは、表に出てこないから

普段どんな人かわからない人が多い

阿刀田先生もそんな、お一人

テレビでみたことない

ラジオでも声を聞いたことがない

 

でも、話すのがクソほどうまい

そして、すげーおもしろい

 

作家なので、他の作家と交流があり

裏話満載

作家の本性を隠さず話す

 

そんなのおもしろいに決まってるじゃん

 

松本清張の裏話も話しくれたけど

太宰治とか三島由紀夫とか

話しの中に登場して

歴史の一部を生で知る人の話し

メッチャ興奮した

 

さすが!!

 

さすが先生!!

 

たまらないよ

 

松本清張の作品についての

解説や裏話もここならではって感じ

 

他では、絶対聞けない

 

ガチすぎるほどガチの内容

 

実は、OOって作品は

XXって映画の影響を受けている

 

松本清張は、推理小説家という

印象があるが

実は短編の名手

 

初期作品のほうが

名作が多い

 

砂の器は駄作

なぜなら・・

世間が名作と思っているのは

映画のデキがよかったから

 

などなどなど・・

 

凄かったぜ

 

こんないい経験させてもらって

 

最高でした

 

 

リング ジャパンホラーの金字塔

 

いまさら・・

映画 リングをみた

もちろん・・2回目ですよ

過去に見たことありますよ

 

小説ももちろん読んでいる

 

リングだけでなく

らせん

さらには、リング2もまとめてみた

 

最初に小説リングについて

これは、昔映画が公開されるのに

先だって、小説を読んだ

映画は、テレビでみたのかな

どっちも大分昔

 

らせんは、今年読んだ(笑)

いまさら読んだのです

そうしたら、内容はホラーではなく

SFという・・

なかなか期待を裏切らせる内容

 

 

さて、映画リング

こちらは、小説と内容が少し違う

まず主人公が二人とも男

ホラーというよりもミステリー

貞子がテレビから這い出てくるシーンは

小説にはありません!!

なので、映画みたあとに

小説読むと、拍子抜けする

 

らせんについて

こちらは、小説と映画

違いはそこまでないあ

 

最後になんでそうなるの?というオチ

あれは、小説と同じ

映画だけ観ると

なにこれ?

納得いかない

と思う人もいると思う

ここが、小説を映画にする難しさ

内容は一緒なのに

文字で読むと納得できるものも

映像にすると変な感じがする

 

リングもらせんも

ひとまず小説を読んでほしいね

そっちが原作だし

 

リングの映画自体

そこまで怖くない

テレビから貞子が出てくるシーン

これにつきる

 

でも、そのシーンも何回もあるわけではなく

最後に一回だけ

マトリックスの背面イナバウワーも

一回だけ

 

インパクト強いから何度もやっているように

思うけど・・

 

 

リングのおもしろさは

音の使い方の上手さにもあると思う

所々入る奇怪な音

あれが恐怖をかきたてる

貞子のシーン以外も恐怖を感じさせるシーンを

所々ちらばめている

 

当時、大ブームになったと言ってもいい

日本映画史に残るリング

ハリウッドでもリメイクされたし

世界的な作品になった

 

 

作者も感謝していることでしょう

 

 

リングブームみたいなこと

また起きないかなと思っているこのごろ

 

 

 

最近のテレビ

 

最近のテレビは、本当につまんない

見る価値のある番組は限られている

 

たぶん、このまま

テレビは衰退していくだろう

 

昔は、ゴールデンタイムなら

20パーセント近い数字を出す

番組は珍しくなかった

 

でも、いまは20パーセントいく

番組はほとんどない

 

ドラマも30パーセントいくことも

珍しくなかった

 

キムタクのドラマなんか

毎回のように30パーセント突破とか

 

あれはいまにして思えば

夢みたいな世界

 

いまは、30パーセントいくのは

スポーツくらいかな

ワールドカップとか

あと紅白

 

テレビ全盛期の時代

過激な番組が多かった

 

おっぱいもゴールデンの地上波で

出ることも少なくなかった

 

いまは、エロは壊滅

 

この前、映画に出てたおっぱいに

モザイクかけてからね

 

そこまで、しなくてもいいだろうw

 

エロはダメ

過激なバラエティーもダメ

ドラマもつまらない

 

最近は、テレビ東京的な

素人イジリ

素人を使った笑い

それが主流になってきている

 

月曜から夜ふかし

なんかは、その代表

 

素人イジりは安くあがるから

そうなったのだろう

 

炎上

 

これが一番テレビをつまらなくさせた

イジメの原因になるとか

かわいそうとか

この前は、やらせ問題が発覚

 

テレビのバラエティー

台本ありき

プロレスみたいなもの

ただ、やりすぎのやらせ視聴者を騙すようなやらせは

やっぱりよくない・・

 

今後、テレビはドンドン

衰退していくことだろう

 

ゴールデンでも5%

そんな時代がくるだろう

 

 

 

 

 

 

大学生の読書論

 

今年ほど

大学生もしくは、大学というものが

世間を騒がせた年はないように思える

 

まず、日大の悪質タックル問題

その後、日大の部活関連の一連の不祥事

たぶん・・表に出てこないだけで

他にもたくさん問題は、隠れているだろう

 

それと大学生

この大学生が起こす事件

強姦という罪が異様に多い

性欲万全な季節だからこそ起こす事件とも

言えなくもないが・・

この強姦事件を起こすのが、有名大学で

あるというのも・・

人間としての教育をおろそかにしてきた

日本という国の現状を表している

 

そして・・日大のサークルが起こした

強盗・恐喝といった一連の事件

 

もう・・日大に言いたい

 

日本大学完全崩壊!!!!!!

 

悪質タックルだけで、どれだけ

叩かれ、騒がれたと思っているのか?

それのあとを追うように

大学生のサークルで起きた事件

大学が大学だけに、起きるべくして起きた

こんな風に思われてるよ!!

日大生よ

いまこそ、学生がしっかりする時期じゃないのか?

ほとんど学生がまともだと思うけど

おかしなヤツが一人でもいると

あ~~やっぱり・・と思われてしまう

いまは、気をつける時期じゃないか!!

 

 

今の大学生は、変に周りを意識しすぎ

インスタやツイッターのようなツールのせいで

余計にそうなってしまっている・・

 

リア充なんて、おかしな言葉があるけど

大学生の季節ってのは

必ずしも、リア充である必要はない

むしろ、その時代

リア充じゃなかったヤツこそが

社会に出て、力を発揮しているように思う

 

大学リア充って、大学の間で枯れるんだよね

大学生活で満足しちゃって

でも、大学リア充じゃないと

それがバネになって、スゲーがんばる

リア充じゃなヤツは、社会出て花を咲かす

このパターンがあるのよ

 

大学生の読書論・・

本題に入ろう

 

私は、大学に入ってから

本格的に読書を始めた

 

もちろん、中学・高校と

他の人達に比べれば、読んでいた

でも、週に1冊とか

月に2冊とか

 

いまのように毎日、本に目を通す

ということはしてなかった

 

読んでる方だったとは思うが・・

 

大学生1年ころは

週6で大学に通ってた

 

私の大学は、都合

1年生は、週6通うように

授業がプログラミングされていた

 

遊ぶために大学入ったのに・・

週6かよ!!と思った

 

2年生になって、週4に減った

週6が4に減るというのは

かなり時間ができる

 

もちろん、バイトはやったし

車の免許も取った

でも・・やっぱり時間がある

そこで、本を読み始めた

 

いま思うと、もっと、もっと

あのころ本を読んでおけばよかったと思う

 

夏休みの間、100冊以上読んだ

120冊ほど読んだと思う

一日3冊読んだ日もある

 

 

自分が思う大学生って

結構大人のイメージだけど

実際に接すると・・

まだ、まだガキなんだよね

視野も狭いし

 

大人という言葉とは、ほど遠い

 

あのころの自分を思い出しても

やっぱり、年齢こそはいっているが

中身はガキだった

 

読書がどれだけ自分を伸ばすか

それは、大学生の間では答えはでない

 

安易に答えを求めるのは、日本人の悪いクセ

 

学校教育が答えを安易に求めるように

できているため、そういった思考になるのだろう

 

そういったことを破壊するためにも

読書は必要

 

大学生の間は、気になった本は

片っ端から買って読んだほうがいい

スマホに金をかけても、たぶん何も残らない

でも、本に金をかければ

それだけ返ってくる

 

本屋には、週に一回いったほういい

大学の図書館に顔だして

自分の専門以外の本も手に取ってみるといい

そこで出会った本が

未来の自分の助けてくれたり

人生の道しるべになったりする

 

未来の投資

 

それが読書だ

 

安易に時給の高いバイトに精出すより

読書のほうが結果的に将来の自分のためになる

 

 

成功への情熱 稲盛和夫

 

稲盛和夫氏の本は、何冊か読んでいる

今まで読んだ氏の本の中で、一番よかったのは

生き方である

 

ただ、今回読まさせてもらった

 

成功への情熱

 

この本は、稲森氏の本の中で

一番いい!!

 

基本的に、稲森氏の本の内容は

大差がない

 

たぶん、8割くらい

書いてあることは一緒

(野村克也氏の本と似ている)

 

それでも、読む価値があるから

本当にスゴイと思う

 

今回の本経営に対する考え方・理念

仕事への取り組み方

 

どちらかというと、方法論よりも

精神論なんだよね

 

でも、そこがポイント

 

経営の神様なんて言われてるから

とんでもなくスゴイことをやっているのか

と思っている人もいるかもしれないが

 

そんなことは、たぶん

ほとんどの人がやろうと思えばやれることばかり

 

でも、できてない

 

この本は、一周回って

逆にスゲーなと思わせる内容になっている

 

氏の本の中に登場する

シンプルに考えるという発想

 

基本シンプルなんです

考え方や取り組み方も

 

でも、その基本的なこと

当たり前のこと

 

できるの??ということですな

 

稲盛和夫氏の本を読んだことない人

 

絶対に読んだほうがいい

今まで読んだ、経営者が書いた本の

中でも3本の指に絶対に入る

 

逆にこれ読んで、ピンとこない人

なんか、どこかおかしい人の可能性がある

 

 

この本を一言でいうならば・・

 

経営とは・・生き方である!!

 

吉田照美

 

サッカーにおいて、王様というと?

やっぱペレ?

 

いや・・キングカズでしょう

日本サッカー界において

キングカズを越える存在って

いまだに出てきてないと思っているのは

私だけだろうか?

 

ラジオ界のキング

さて、誰でしょう?

 

難しいよね

 

色々と候補がいるとおもうけど 

その中の一人になるであろう存在

 

それが吉田照美

 

文化放送を聞いている人なら

誰でも知っている

 

だが・・一方で文化放送

聴いていない人からしたら

だれ?となるだろう

 

ラジオパーソナリティーって

そういうものなんだよね・・

 

垣花!!って言っても

ニッポン放送聴いてない人からしたら

「?」ってなるだろう

 

まぁ、吉田照美について

彼は、ラジオキングの名にふさわしい存在だと思う

 

帯のラジオを37年間続けた

去年の3月いっぱいで、その伝説は終わったが

いまでも、ラジオで活躍している

 

代表番組

やる気マンマン!!

 

略して、やるマン

 

知る人ぞ、知る

伝説のラジオ番組

終了して、10年たつが

いまだに復活の声が聞こえるほど

お昼の深夜放送

 

20年続いた番組である

 

吉田照美は、やっぱりやるマンだよ

という人多いと思う

 

同じ20年続いている

番組

親父熱情

オヤジ・パッション

 

週に1回しかやってないので

やっぱり帯には、及ばないという所か

 

私は、長い間

ニッポン放送リスナーだった

でも、吉田照美の魅力に気づき

文化放送を聞きだした

 

そうしたら・・その番組が終了するという・・

とてつもなく残念なことになってしまった・・

 

吉田照美は、いま帯で番組をやっていない

彼は、帯で番組をやってこそ

力を出せるタイプである

 

どこかの放送局さん

 

彼を使ってみてはどうだろう?

 

絶対に数字は、ついてくるよ

 

 

 

雑誌論

 

世の中には、小説や本についての

ブログは多数ある

 

でも、雑誌に焦点を当てたブログは

そんなにはないと思う

 

検索してもあまり出てこない

いま雑誌にカバンとかサイフとか

そういったオマケがついているけど

それを専用に紹介してるブログがあった

ただのコピペっぽい感じで

ブログ主の感想とか

そういったのは一切なかったけど

 

雑誌は、本以上に衰退している

ネットで色々と見る時代だからね

仕方ないと言えば、仕方がない

 

 

マンガ雑誌は全然買わなくなった

ファッション雑誌も立ち読みで済ます

経済誌?読んだことない

自分が仕事している業界紙

そんなのあるのかな?

ブルータスとかホットドックプレスとか

興味深いのがあると買ったりするけど

音楽雑誌も買わなくなったね

週刊誌・・

もともとそんなに買ってないからな

 

雑誌の未来は、暗いのは確かだ

 

ネットのせいにしているけど

それだけなのかな?

なにか、こう

盛り上がるために色々とできる気がするけど

 

これからドンドン

休刊と言う名の廃刊が進んでいくのだろう

 

 

もっと色々雑誌に目を通して

雑誌について書けたらいいなと思う

てか・・本屋が減ったから

それが一番の原因なんじゃね?